在籍確認電話の様子

アコムの申込みをする時には、必ず審査があります。審査ではまず、入力内容からその人の返済能力を診断します。年収や雇用形態などから、いくらまでなら融資してもよいかが決まります。しかし、そのまま結果として返ってくるわけではなく、信用情報や職場の在籍の確認を必ず行います。信用情報とは、今までのキャッシングなどの利用履歴の情報です。これは信用情報機関に記録として残っているので、アコム側ですぐに確認することができます。

 

もう一つの、職場の在籍の確認は電話で行われます。直接職場に電話をかけて、申込者が在席しているかどうかを質問します。この時に、担当者はアコムを名乗ることはありません。個人名で例えば鈴木や田中と名乗るので、知り合いがかけてきたようにしか見えません。不在であれば、携帯にかけ直すなどとやり取りをして終わります。

 

とはいえ、本当に携帯電話にかけ直すわけではなく、不在であっても職場に在籍していることさえわかればそれで在籍確認は終了です。

 

もしも当事者が電話に出れるなら、電話口に替わって、初めて担当者はアコムを名乗ります。電話に出た時点で、在籍は確認が取れるので簡単な本人確認をして電話は終わります。内容としては、干支を聞かれるなど、簡単な質問に答えるだけです。

 

この手続きは借り入れ金額問わずにキャッシングを利用するなら必ず必要となるので、少額の10万借りるからと言って在籍確認が省略はされません。ただ、借り入れ先によっては電話不要での契約を可能としているので、多くの情報を見ておくとより安心して借りられます。